運転で心がけること

| 未分類 |

子供と長距離で長時間のドライブをすることは少なくないでしょう。その際には、子供の為に様々な準備をしてあげると良いのですが、準備だけではなくドライブの際のドライバーの「運転」にも気をつける事が大切になります。運転は子供が乗っていなくても気をつける事ですが、子供も乗っていてしかも長距離のドライブとなると危険な運転はできせん。

 

まず注意しなければならないことは、しっかり交通ルールを守る事です。交通ルールを守る事は当たり前の事ですが、速度や信号をしっかり守る事でも危険な事や事故は確実に減ります。そして、急ブレーキや急発進は極力避ける様にしたいですね。急発進・急ブレーキは子供がシートベルトをつけていないと慣性によって座席にぶつかってしまう事もあります。

 

そういった事で危険でもありますし、なにより楽しいドライブの際にそういった危険な運転をしてしまうと怖くて楽しめなくなってしまう事もあるでしょう。急発進や急ブレーキは危険でもありますし、車酔いの原因にもなります。それで具合が悪くなってしまっては元も子もありません。例え長距離のドライブでなくても子供を乗せている際の運転は安全で丁寧な運転を心がける様にしましょう。